カフェde読む 図解キャズム理論がよくわかる本 

chasm cover

2014年6月2日

電子書籍 500円Amazon Kindle Unlimited:読み放題対象)


【内容紹介より

 本作品は2008年4月に秀和システムより出版された『ジェフリー・ムーアの「キャズム」がわかる本』を一部修正し、電子書籍版として出版したものです。

 ハイテク製品が初期市場では成功したのにもかかわらず、主流市場ではなぜ失敗するのか──

 ムーアはこのメカニズムをキャズム理論で解き明かします。

 本書ではこのキャズム理論のエッセンスと、キャズムを越えるための手法、さらにはその後の戦略を豊富な図解とともに解説しました。

 

【目次】

第1章  キャズム理論のエッセンス

1-1  ジェフリー・ムーアとキャズム

1-2  キャズムとは何か

1-3  クロッシング・ザ・キャズム

1-4  キャズム理論からムーア理論へ

1-5  イノベーションとキャズム理論

1-6  キャズム理論を円滑かつ深く理解する


第2章  ムーア理論の全貌

2-1  カテゴリー成熟化ライフサイクル

2-2  カテゴリー成熟化ライフサイクルのベース理論

2-3  製品ライフサイクルを理解する

2-4  ロジャーズのイノベーション普及理論

2-5  イノベーション採用者カテゴリー

2-6  両理論を重ね合わせる理由

2-7  カテゴリー成熟化ライフサイクルのマーケティング

2-8  イノベーション採用者カテゴリーとキャズム

2-9  テクノロジー導入ライフサイクル

2-10  テクノロジー導入ライフサイクル以降の対応

column2  ブルー・オーシャン戦略


第3章  キャズムのメカニズム

3-1  テクノロジー導入ライフサイクルの各特徴

3-2  ビジョナリーとしての初期採用者

3-3  主流市場の壁・初期多数派

3-4  後期多数派とラガードの特徴

3-5  初期市場と主流市場の狭間で

3-6  キャズムに陥る理由

3-7  PDAの大誤算

3-8  セカンドライフはキャズムを越えるか

column3  キャズムに対するロジャーズの見方


第4章  クロッシング・ザ・キャズム戦略

4-1  キャズムを越える3つの至上命題

4-2  キャズムを飛び越えるための基本戦略

4-3  ニッチ市場に着目する理由

4-4  ニッチ市場とターゲット・カスタマー

4-5  ターゲット・カスタマー・シナリオの作成

4-6  シナリオを評価する

4-7  ニッチ市場としてのローエンド

4-8  ホールプロダクトとは何か

4-9  ホールプロダクトの構造

4-10  ホールプロダクトとバリューチェーン

4-11  ポジショニングと競争相手

4-12  ポジショニングの明文化

4-13  ナンバー1の法則と梯子の法則

4-14  販売チャネルの検討

4-15  販売チャネル志向型の価格設定

column4  マーケティングの基本手法とムーア理論


第5章  キャズムを越えた後に

5-1  ニッチ市場の向こうへ

5-2  ボーリングピン戦略の実践

5-3  アプリケーション・イノベーションの実践

5-4  トルネードからメインストリートへ

5-5  製品イノベーションの推進

5-6  プラットフォーム・イノベーションの推進

5-7  成熟市場から衰退市場へ

5-8  時代を超えて永続する企業  

© Akira Nakano pcatwork.com 1999~2018