図解入門研究 最新広告業界の動向とカラクリがよくわかる本[第5版]


20210304 Ad

2021年3月4日

秀和システム 1760円(Amazonへ


【はじめに】より

広告は社会の潤滑油といわれ、私たちの生活になくてはならないものです。ところが、広告というものが近年「効かなくなった」といわれ、多くの広告主が広告費を出すのに慎重になってきました。

その理由は、人々の趣味嗜好の多様化、メディアとの接触時間の減少、インターネットの進展です。

世の中の動きは想像以上に早く、メディアの変化だけでなく、DXの波が押し寄せ、ビジネスの進め方も変わりつつあります。

本書では、そのような中にある広告というものの「いま」に多くのページを割いているほか、広告会社の業態、そこに勤務するアドマンに日常、多数の媒体社や協力会社の姿などを紹介しています。


【目次】

第1章 まずは広告業界の全体を把握しよう
第2章 最新の広告技術を理解する
第3章 広告媒体の種類とその動向
第4章 様々な広告の種類
第5章 広告関連会社を理解する
第6章 広告はこうしてできる

© Akira Nakano pcatwork.com 1999~2022