今日から即使える マイケル・ポーターの競争戦略54

20110630

2011年6月30日

朝日新聞出版 1100円(Amazonへ)


【はじめにより

 皆さん、ご機嫌よう。わたくし、経営学者ジョージ・P・リンストンがまたここに帰ってきた。

 えっ、今度は何をしに来たんだ、だって。ほかでもない、本日は経営学者マイケル・ポーター教授の競争戦略論について、皆さんと一緒に考えるためにここにやって来たんだ。

 ポーターは、1980年に発表した著作『競争の戦略』で一躍有名になり、同書はいまでも「戦略論のバイブル」と考えられている。経営戦略に携わる人、興味をもつ人、あるいは経営学を学ぶ学生には必読の書となっているね。

 また、ポーターは、それ以降も『競争優位の戦略』や『国の競争優位』『日本の競争戦略』など、重要な著作を発表している。本書ではこうしたポーターの膨大な著作の中から、特に重要なコンセプトを取り出し、それをわかりやすく解説することを目指した。 

 まず、本書全体をとおした最重要コンセプトが「戦略的ポジショニング」だ。これに加えて、①三つの基本戦略、②ファイブ・フォース、③バリュー・チェーン、④戦略的フィット、⑤ダイヤモンド・フレームワークが続く。

 これらのキー・コンセプトを理解すれば、おそらくポーターの競争戦略論の基本について語れるようになるだろう。

 そこで本書では、戦略的ポジショニングは全体に関わるという考えから、上記のキー・コンセプト①〜⑤に従って全5パート立てにした。


目次】

PART1 「競争の戦略」の基本を知る

PART2 ファイブ・フォースを使いこなす

PART3 バリュー・チェーンを分析する

PART4 競争戦略論の本質を熟知する

PART5 日本企業の競争戦略

















© Akira Nakano pcatwork.com 1999~2017