アドラーを読み解く──著作から学ぶ個人心理学

20191001 Adler


2019年10月1日

アルテ 1980円(Amazonへ


【はじめに】より

アドラーは生前に19冊の著作を通じて、アドラー心理学の考え方を世に問いました。

現在日本で容易に手に入るアドラーの著作としては、アルテ版の岸見一郎訳『アドラー・セレクション』があります。本書ではこの作品を中心に、アドラーが築いた心理学のエッセンスを解説したいと思います。その際にアドラー心理学を解説する上で欠かせないキーワードを6つ(劣等感、目標、ライフスタイル、共同体感覚、人生の3つの課題、人生の意味)取り上げ、このキーワードに関する記述を作品から引用する形で、アドラーの考えを明らかにするようにしました。


【目次】

第1章 個人心理学へのアプローチ

第2章 劣等感

第3章 目標

第4章 ライフスタイル

第5章 共同体感覚

第6章 人生の三つの課題

第7章 人生の意味

© Akira Nakano pcatwork.com 1999~2022