岩崎弥太郎「三菱」の企業論──ニッポン株式会社の原点

20100330N

2010年3月30日

朝日新聞出版 1700円(Amazonへ)


【本書の内容

 現代の企業社会日本の原点は幕末にある──。本書は、このニッポン株式会社の原点について探った本です。

 そして、このニッポン株式会社の原点で、三菱グループの祖である岩崎弥太郎が、どのようなポジションにあったのか、小栗忠順や坂本龍馬、渋沢栄一

らとの対比で浮き彫りにしたのが本書です。

 彼らが、企業社会ニッポンの原点で果たした役割を見ると、資本主義社会の原風景とも言える、「資本の論理」と「資本の倫理」の相克までもが見えてきます。

 岩崎弥太郎を筆頭にしたこの4人が、ニッポン株式会社の原点でどのような役目を果たしたのか、ぜひ、本書でご確認ください。


【目次】

第1章 ニッポン株式会社の胎動

第2章 株式会社を目指す海援隊

第3章 岩崎弥太郎の下積み時代

第4章 渋沢栄一のフランス修行

第5章 合本主義と道徳経済合一論

第6章 三菱商会と専制独占主義

第7章 海運をめぐるチキンゲーム

第8章 資本の理論と資本の倫理

















© Akira Nakano pcatwork.com 1999~2017