ジェフリー・ムーアの「キャズム理論」がわかる本

20080421

2008年4月21日

秀和システム 600円

電子書籍版 500円Amazon Kindle Unlimited:読み放題対象)


【本書の主な内容】

 本書はアメリカのマーケティング・コンサルタントであるジェフリー・ムーアが提唱する、キャズム理論について解説したものです。

 ムーアのキャズム理論は、1991年に出版された『クロッシング・ザ・キャズム』(邦題『キャズム』翔泳社、2002年)で広く公にされました。ムーアはこの本で、初期市場で成功した製品が、主流市場で何故失敗するか、そのメカニズムを解き明かします。そして、主流市場でも成功するための戦略を示しました。

 同書の出版当時は、ハイテク製品が急激に進化し、やがてインターネットの普及も始まる時期でした。ムーアの主張はハイテク業界に広く受け入れられ、いまやこの著作は「米国ハイテク業界のバイブル」とまで言われるようになっています。


 その後もムーアはコンサルタントとして執筆活動を続けます。そして、近著『ライフサイクルイノベーション』(翔泳社、2006年)では、キャズム理論の規模をさらに拡大し、永続する組織を確立するための戦略論を提唱しました。いわばムーア理論の確立です。

 そして、ムーア理論の全貌を解説するとともに、その中でも特に重要な位置を占めるキャズム理論について、図解をふんだんに用いながら徹底した分かりやすさを追求したのが本書です。本書を通読してもらえれば、キャズム理論をはじめとしたムーアの主張のエッセンスをご理解いただけるはずです。

 もっとも、本書がムーアの原典の代替になるとは考えていません。ムーア理論の全貌およびキャズム理論について、より深く理解するには、上記に掲げた原典を読むことが不可欠です。そういう意味で本書は、ムーアの理論を理解するための導入部に相当するものです。

 では、キャズム理論の中枢へ、いざ斬り込みましょう。


【目次】

第1章 キャズム理論のエッセンス

第2章 ムーア理論の全貌

第3章 キャズムのメカニズム

第4章 クロッシング・ザ・キャズム戦略

第5章 キャズムを越えた後に


















© Akira Nakano pcatwork.com 1999~2017