クレイトン・クリステンセンの「破壊的イノベーション論」がわかる本

20080407

2008年4月7日

秀和システム 600円

電子書籍版 500円


【本書の主な内容】

 最近、新聞や雑誌を見ていると、イノベーションという言葉を頻繁に目にします。イノベーションとは、古いものを破壊して新しいものを創造することと捉えられています。あるいは、もっとシンプルに、何か新しいものを創造すること、さらに一言で言うならば「革新」とも考えられています。

 このように、何か漠然と新しいものを創造することをイノベーションと考えるのが一般的です。一方、ハーバード大学ビジネススクール教授クレイトン・クリステンセンは、イノベーションには持続的イノベーションと破壊的イノベーションがあることを指摘しました。中でもクリステンセンは、繰り返し行われてきたイノベーションの歴史の中で、破壊的イノベーションが果たした重要性を説きます。その上で、破壊的イノベーションのメカニズムやプロセスを詳細に解明しました。

 クリステンセンの功績は、破壊的イノベーションのプロセスを解明したのみならず、それを実践することで、私たち自身が同様の破壊的イノベーションを巻き起こせる可能性が高まるという点です。いわばクリステンセンは、破壊的イノベーション戦略の実践手法を我々に提示しているわけです。

 そして、クリステンセンが提唱した破壊的イノベーションのエッセンスを短時間で理解したい方々のために編んだのが本書です。解説のベースには、クリステンセンの著書『イノベーションのジレンマ』(翔泳社)、『イノベーションへの解』(翔泳社)を主に用いました。本書の理解には、これら翻訳書を含め、原典をお読みいただくことをお勧めします。

 本書が、破壊的イノベーションの理解に役立つことを願ってやみません。


【目次】

第1章 破壊的イノベーションとは何か

第2章 ローエンド型の破壊的イノベーション

第3章 ローエンド型破壊に対する既存企業の対応

第4章 新市場型の破壊的イノベーション

第5章 破壊的イノベーション戦略のマネジメント

第6章 破壊的イノベーション実現の組織マネジメント














© Akira Nakano pcatwork.com 1999~2017