キムとモボルニュの「ブルー・オーシャン戦略」がわかる本

20060729N

2006年7月29日 

秀和システム 600円

電子書籍版 550円


【本書の主な内容】

「いま、最もホットな経営戦略は?」と問われたら、皆さんはどう答えますか。筆者ならば、迷わず「ブルー・オーシャン戦略」と回答するでしょう。

 ブルー・オーシャン戦略は、フランスのビジネス・スクールINSEADで経営戦略論を教えるW・チャン・キムとレネ・モボルニュが提唱する戦略論です。血みどろの競争に心血を注ぐのではなく、「ブルー・オーシャン=豊穣なる新市場」の創造に、企業の力を振り向けよ、とするのがキムとモボルニュの考えです。そして、その具体的手法を示したのがブルー・オーシャン戦略に他なりません。

 2004年10月号「ハーバード・ビジネス・レビュー」にブルー・オーシャン戦略が発表されると、この新しい理論に世界中の注目が集まりました。そして、翌年には同名の書籍が出版され、世界中でベストセラーになっています。

 本書は、こうした話題を振りまくブルー・オーシャン戦略を、図解をふんだんに用いながら、わかりやすく解説するものです。本書を一読してもらえれば、ブルー・オーシャンの基本となる概念を素早く理解できると思います。

 とはいえ、ブルー・オーシャン戦略の本家本元は、キムとモボルニュが著した「ブルー・オーシャン戦略」(ランダムハウス講談社)です。当然、本書の多くも、同書に負っています。ブルー・オーシャン戦略について、より詳細に知りたい方は、ぜひ原典を読んでもらいたいと思います。

 では、キムとモボルニュのブルー・オーシャン戦略の世界へ、皆さんをお連れいたしましょう。


【目次

第1章  ブルー・オーシャン戦略とは何か

第2章  ブルー・オーシャン戦略が注目される理由

第3章  現状の分析と戦略の方向付け

第4章  戦略策定の具体的手法

第5章  ビジネス・モデルの構築

第6章  ブルー・オーシャン戦略の導入と実行

第7章  持続的成長を目指すために

















© Akira Nakano pcatwork.com 1999~2017