ポジティブ心理学は人を幸せにするのか

positive

2016年7月5日

アルテ 1800円(Amazonへ)


はじめにより

 ポジティブ心理学は、アメリカの心理学者マーティン・セリグマンの提唱で1998年に生まれました。
 従来の心理学では心の病という暗い面にスポットを当の治療てて、そに専念してきました。

 しかしながら、心理学の使命は心の病の治癒のみにあるのではありません。
 セリグマンは、人の心の病ではなく、健康な人がより素晴らしい生活を送れる方法や手段を科学的に追究することが重要だと考えました。
 セリグマンはこのような心理学を「ポジティブ心理学」と称し、今まで忘れられがちだった、人生におけるポジティブな面を研究する心理学の発展を通じて、心理学全体のバランスを取ろうと考えたわけです。


目次

第1章  より良い人生を生きるために  

第2章  ポジティブな態度が持つ効果

第3章  目標が持つ強力な威力

第4章  強みの強化と自己実現

第5章  ネガティブの泥沼から抜け出す

第6章  ポジティビティを高めるための技法

第7章  ポジティビティの罠を理解する


© Akira Nakano pcatwork.com 1999~2017