slide01slide_shihouslide02slide_IT_08slide03mybooks02


こんにちは、中野明です。

こちらでは、過去に出版した書籍や新聞・雑誌などに寄稿した記事などを紹介しています。プロフィール詳細はこちらをご覧ください。

line01
webNEW!02


2018年6月22日 電子書籍『カーネル・サンダースの教え』を出版しました。

Colonel cover

本書は2012年9月に朝日新聞出版より出版された『カーネル・サンダースの教え──人生は何度でも勝負できる』を一部修正し、電子書籍版として出版したものです。
ケンタッキー・フライドチキンで有名なカーネル・サンダース。そのカーネルおじさんが65歳で無一文になってから、フランチャイズ・ビジネスを軌道に乗せ成功するまでの波瀾万丈の生涯からきっと何かが学べるはずです。Amazon Kindle Unlimited:読み放題対象)。詳しくはこちらから。

webNEW!02

2018年6月22日 バナー写真を変更しました。

alluaudia0

バナー写真を更新しました。今回はアローディアです。詳しい写真はこちらから。

webNEW!02

2018年6月18日 『流出した日本美術の至宝』が朝日新聞にとりあげられました。

20180616 Shihou asahi

『流出した日本美術の至宝』が2018年6月16日付朝日新聞の書評欄に掲載されました。

詳しい内容はこちらから。

webNEW!02

2018年6月8日 『流出した日本美術の至宝』が週刊新潮にとりあげられました。

20180614 Shihou shincyou

『流出した日本美術の至宝』が2018年6月14日号の週刊新潮「十行本棚」にとりあげられました。

詳しい内容はこちらから。

webNEW!02

2018年6月4日 『流出した日本美術の至宝』が日本経済新聞にとりあげられました。

nikkei nihonbijutu

『流出した日本美術の至宝』が2018年6月2日付日本経済新聞の書評欄に掲載されました。

詳しい内容はこちらから。

webNEW!02

2018年5月31日 『流出した日本美術の至宝』が「東京人」にとりあげられました。

20180531 shihou tokyojin

『流出した日本美術の至宝』が2018年7月号の雑誌「東京人」の「今月の東京本」に掲載されました。

詳しい記事はこちらから。

webNEW!02

2018年5月25日 『流出した日本美術の至宝』が京都新聞や神戸新聞にとりあげられました。

20180520 Shihou syohyou

『流出した日本美術の至宝』が2018年5月20日付京都新聞や神戸新聞に掲載されました。共同通信社からの配信のようです。

詳しい記事はこちらから。

webNEW!02

2018年5月25日 バナー写真を変更しました。

raijin 00

バナー写真を更新しました。今回はアガベ 雷神です。詳しい写真はこちらから。

webNEW!02

2018年5月22日 『流出した日本美術の至宝』がサンデー毎日「今こそ、読みたい」に掲載されました。

20180603 hihou sunday

『流出した日本美術の至宝』が2018年6月3日号のサンデー毎日「今こそ、読みたい」にとりあげられました。

評者はノンフィクション作家の工藤美代子さんです。とても元気づけられる書評でありがたいです。

詳しい内容はこちらから。

webNEW!02

2018年5月2日 『マズローを読む』が出版されました。

20180425Maslow cover

アルテより『マズローを読む──著作から読み解く人間性心理学』が出版されました。

本書は、マズローの主要著作7冊を読み解き、さらに人間性心理学を理解するうえで欠かせない「欲求階層論」「自己実現論」「至高経験」などの重要キーワードについても解説しています。

詳しくはこちらから。

webNEW!02

2018年5月2日 日本経済新聞に書評を寄稿しました。

20180421 nikkei

2018年4月21日付日本経済新聞の書評欄にK・ミトニック、R・バモシ著『超監視社会で身をまもる方法』の書評を寄稿しました。

著者らは私たちのプライバシーが多くの危機にさらされているとした上で、そのプライバシーを確保する技術について具体的に解説しています。詳しい記事の内容はこちらから。

webNEW!02

2018年4月13日 『流出した日本美術の至宝』が出版されました


20180413shihou cover

筑摩書房より『流出した日本美術の至宝──なぜ国宝級の作品が海を渡ったのか』が出版されました。

本書は、日本美術が明治維新以降、どのような人物によってどのような経緯で海外へ持ち出されたのか、またそれに対して日本人がどのように関わったのかを当時の記録をたどって読み解いています。

詳しくはこちらから。

2018年4月13日 バナー写真を変更しました。

kokabu00

バナー写真を更新しました。今回はアロエ・ラモシシマです。詳しい写真はこちらから。

2018年3月5日 『超図解 アドラー心理学の「幸せ」が1時間でわかる本』の台湾版が出版されました。

20180305 adler

2016年6月に学研プラスから出版された『超図解 アドラー心理学の「幸せ」が1時間でわかる本』の台湾版が出版されました。出版社は晨星出版で、タイトルは『阿德勒的幸福心理學』です。

2018年3月5日 バナー写真を更新しました。

rhipsalis00

バナー写真を更新しました。今回はリプサリスです。詳しい写真はこちらから。

2018年1月30日 バナー写真を更新しました。 

umbellata00

バナー写真を更新しました。今回はウンベラータです。詳しい写真はこちらから。

2018年1月16日 雑誌「日本教育」に寄稿しました。

nihonkyouiku201801 cover

「日本及び日本人」の最終回は和辻哲郎の著作『古寺巡礼』(改訂版)を取り上げました。

いまだ世間では静かな古社寺ブームが続いていますが、そのルーツを遡るとこの『古寺巡礼』に行き着くのかもしれません。

詳しくはこちらから。

2018年1月16日 電子書籍『お助け!Excel緊急対策室③』を出版しました。

Excel kinkyuu cover 03

本書は「日経パソコン」で連載した「Excel緊急対策室」をExcel2016対応に修正して電子書籍にしたものです。Excelでこんなことをしたいという要望に対して、具体的な解決策を豊富な図解とともに提示しています。またそれらを室長と研究員榊田くんの会話を交えてわかりやすく解説しています。今回はその第3巻で今後第4巻まで出版を予定していますAmazon Kindle Unlimited:読み放題対象)。詳しくはこちらか

2018年1月16日 Musicに新しいプレイリストを追加しました。

038

T4L 031(Oct,031)〜T4L 038(Jan,038)の8つのプレイリストを追加しました。

こちらから試聴してみてください。

2018年1月16日 バナー写真を更新しました。

ansu00

バナー写真を更新しました。今回はアンスリウムです。詳しい写真はこちらから。

2017年11月30日『ナナメ読み日本文化論』の中国版が出版されました。

20171130 bunkaron

2015年3月に朝日新聞出版から出版された『ナナメ読み日本文化論──名著25冊で読み解く日本人のアイデンティティ』の中国版が出版されました。出版社は文化友展出版社で、タイトルは『读日本文化──25部日本经典一口气读完全面日本文化』です。

2017年11月24日 電子書籍『お助け!Excel緊急対策室②』を出版しました。

Excel kinkyuu cover 02

本書は「日経パソコン」で連載した「Excel緊急対策室」をExcel2016対応に修正して電子書籍にしたものです。Excelでこんなことをしたいという要望に対して、具体的な解決策を豊富な図解とともに提示しています。またそれらを室長と研究員榊田くんの会話を交えてわかりやすく解説しています。今回はその第2巻で今後第4巻まで出版を予定していますAmazon Kindle Unlimited:読み放題対象)。詳しくはこちらから

2017年11月21日 『広告業界の動向とカラクリがよくわかる本』が出版されました。

20171110 koukoku

秀和システムより『広告業界の動向とカラクリがよくわかる本[第4版]』が出版されました。

本書は広告というものの「いま」、広告会社の業態、そこに勤務するアドマンの日常、多数の媒体社や協力会社の姿などを豊富な図解やグラフとともに紹介しています。

詳しくはこちらから。

2017年11月20日 日本経済新聞に書評を寄稿しました。 

2017年11月18日付日本経済新聞の書評欄にリチャード&ダニエル・サスカインド著『プロフェッショナルの未来』の書評を寄稿しました。

著者らはプロフェッショナルが有する専門知も今後ネット上で流通すると予想しています。その来る未来とはどのようなものか・・・・・・。詳しい記事の内容はこちらから。

2017年11月20日 雑誌「日本教育」に寄稿しました。

「日本及び日本人」の第10回はラフカディオ・ハーンの著作『心』を取り上げました。

本作は、1896(明治29)年、ハーンが神戸クロニクル社に勤務していた時期に世に出ました。来日後の作品としては『知られざる日本の面影』、『東の国より』に続く3冊目にあたります。詳しくはこちらから。


最終更新

© Akira Nakano pcatwork.com 1999~2018