slide01slide02slide03


中野明のwebサイトへようこそ。

こちらでは、過去に出版した書籍や新聞・雑誌などに寄稿した記事などを紹介しています。プロフィール詳細はこちらをご覧ください。


line01
webNEW!02

2016年8月4日 『ついに到来した書籍読み放題時代、Kindle Unlimitedのインパクト』 

日経BP社ITProのNews & Trendについに到来した書籍読み放題時代、Kindle Unlimitedのインパクト』を寄稿しました。

2016年8月3日、アマゾン ジャパンは電子書籍の月額読み放題サービス「Kindle Unlimited」を開始した。Kindle Unlimitedは、月額980円(税込)で対象となる電子書籍(アマゾンではこれを「Kindle本」と呼ぶ)を無制限に利用できる。

続きはこちらから

line03


2016年8月4日 日経BP社ITProで短期連載『IT専門家に即役立つ極上アイデア発想法』の第6弾が公開されています。


日経BP社ITProで短期連載『IT専門家に即役立つ極上アイデア発想法』の第6弾が公開されています。

2016年8月1日より4日まで第21回〜第24回が公開されています。ぜひご一読ください。

第24回 社会心理学者シーナ・アイエンガーが教えてくれた、「選ばないことを選ぶ」理由

第23回 行動経済学が教えてくれる、売れない商品を上手に売る方法

第22回 ノーベル賞受賞者ダニエル・カーネマンの「プロスペクト理論」と発想の着眼点

第21回 話題の行動経済学で人間の「奇妙な行動」を把握して発想に活かせ

line03

2016年8月4日 電子書籍『アドラー心理学による「やる気」のマネジメント』を出版しました。


本書は2015年7月にアルテより出版した『アドラー心理学による「やる気」のマネジメント』を電子書籍にしたものです。
やる気を生み出す力とは、天性のものではなく、訓練して身につけるものです。そしてその有力な方法をとりまとめたのが本書です。心理学者アルフレッド・アドラーの考え方をベースにしながら、多様な人物の考え方を採用し、自分のやる気を高め維持するための手法を紹介しています。

line03

2016年7月29日 日経BP社ITProで短期連載『攻略「ピボットテーブル」、Excelちちょい達人を目指せ!』が公開されました。


日経BP社ITProで短期連載『攻略「ピボットテーブル」、Excelちちょい達人を目指せ!』が公開されました。

2016年7月25〜28日まで4回にわたり公開されました。ご一読ください。

第4回 アンケートはピボットテーブルで集計すれば楽勝

第3回 ピボットテーブルで漢字混じりのデータを並べ替える秘術

第2回 ピボットテーブルで分析するあの手この手奥の手

第1回 今こそ知りたい、ピボットテーブルって何ですか?

line03

2016年7月29日 電子書籍『経済探偵街をゆく』を出版しました。


本書はバンカー向けの専門誌「近代セールス」に連載した「経済探偵街をゆく」を再編集したものです。
私たちのまわりにある宣伝広告や、人がとる不合理な行動など、身近な具体例で行動経済学から読み解ける様々な疑問を経済探偵が解説します。



line03

2016年7月15日 電子書籍『Excel関数はパレートの法則で覚えなさい!』を出版しました。


本書は日経BP社のwebサイト「PC Online」で掲載した「Excel関数は60個だけ覚えなさい」を電子書籍にしたものです。
Excelの関数は300種類以上あり、それをすべて覚えて使いこなそうと思うと大変なことではないでしょうか。

そこで本書では、一般的なビジネスパーソンが日常業務でよく使うであろう関数を60個ピックアップし、手順を追った豊富な図解でわかりやすく解説しています。

line03

2016年7月6日 雑誌「日本教育」に寄稿しました。


「日本及び日本人」の第2回は梅棹忠夫さんの著作『文明の生態史観はいま』を取り上げました。

局地テロが続発するいま、60年前の梅棹論文「文明の生態史観序説」は、現在の状況を的確にとらえており、まさに驚きとしか言いようがありません。この点に言及したものです。

詳しくはこちらから。


line03

2016年7月6日 『裸はいつから恥ずかしくなったか』(ちくま文庫 2016年5月刊)


2016年7月3日付東京新聞の書評欄に掲載されました。

詳しくはサイト内ページをご覧ください。




line03

2016年7月5日『裸はいつから恥ずかしくなったか』


『裸はいつから恥ずかしくなったか』(ちくま文庫 2016年5月刊)がWebの「ダ・ヴィンチニュース」で取り上げられました。

詳しくはサイト内ページまたは下記URLよりご覧ください。

http://ddnavi.com/news/309414/a/

line03

2016年6月29日 『ポジティブ心理学は人を幸せにするのか』が出版されました。


アルテ 2016年7月5日

マーティン・セリグマンによって提唱されたポジティブ心理学とは何か?本書では、ポジティブ心理学の成立とその背景、ポジティブが人生に及ぼす影響、そしてポジティビティを高める技法からポジティビティに潜む罠までを解説しています。

line03

2016年6月28日 日経BP社ITProで短期連載『IT専門家に即役立つ極上アイデア発想法』の第5弾が公開されています。


2016年6月27日より30日まで第17回〜第20回が随時公開されます。ぜひご一読ください。

第20回 投資家ウォーレン・バフェットがゲーム理論を応用した「バフェット戦略」とは何か

第19回 ゲーム理論で考えるレッド・オーシャンの行く末とその脱却法を発想する

第18回 エドガー・アラン・ポオも知っていた「囚人のジレンマ」を実社会に活用せよ

第17回 ジョン・フォン・ノイマンの「ゲーム理論」を戦略的発想に活かす

line03

2016年6月13日 『超一流のアイデア力』が出版されました。


2016年6月21日 日経BP社

日経BP社ITProで短期連載した『IT専門家に即役立つ極上アイデア発想法』が書籍になりました。
本書では、斬新なアイデアを作り出す可能性を限りなく高める手法を3つのパートにわけてわかりやすく紹介しています。



line03

2016年5 月20日 『アドラー心理学の「幸せ」が1時間でわかる本』が出版されました。


2016年6月7日 学研プラス

「人生の意味」とは何か?「幸せ」に正解はあるのか?
心理学の巨人、アルフレッド・アドラーが描いた「幸福の構造」をシンプルかつ大胆に図解化しました。
アドラー以降に発達した「3つの心理学」を参照しつつ、自己啓発の核心「幸福」の謎を解き明かしています。

line03

2016年5月20日 『マズロー心理学入門』が出版されました。


2016年5月25日 アルテ

人間性心理学の源流に位置するマズロー心理学とは何か?
著名な欲求階層論から自己実現、さらに至高経験と自己超越からユーサイキアン・マネジメントまでをマズローの生涯に沿って解説しています。


line03


2016年5月18日 amazonランキング Kindle本の売れ筋ランキング有料TOP100で1位になりました。


2014年6月24日に学研パブリッシングより出版した『超図解 勇気の心理学 アルフレッド・アドラーが1時間でわかる本』がKindle本の売れ筋ランキング有料TOP100で1位になりました。

(2016年5月15〜17日)

line03

2016年5月9日 『裸はいつから恥ずかしくなったか』が出版されました。


2016年5月10日 ちくま文庫

新潮社より2010年5月25日に出版されたのと同タイトルです。150年前の「混浴図」が、現代日本人に奇異に見えるのはなぜか? 
幕末、訪日した欧米人は公衆浴場が混浴なのに驚きました。日本人の心の中で性的関心がどのように変化していったかを明らかにします。

line03

2016年5月6日 雑誌「日本教育」に寄稿しました。


雑誌「日本教育」に隔月で「日本及び日本人」を掲載することになりました。

平成28年4・5月号合併号の第1回は深層心理学者・河合隼雄さんの著作『神話と日本人の心』を取り上げました。河合さんの中空構造論は、天皇制や憲法9条を考える上で重要なヒントになると改めて感じました。

詳しくはこちらから。

line03

2016年4月28日 電子書籍『カフェde読む 図解ピーター・ドラッカーのイノベーション論がよくわかる本』を出版しました。


 本作品は20083月に秀和システムより出版された『ピーター・ドラッカーの「イノベーション論」がわかる本』を一部修正し、電子書籍版として出版したものです。本書では、ドラッカーの著作『イノベーションと企業家精神』をベースに、ドラッカーの説くイノベーション論を真正面から捉え、より深く解説するよう心掛けました。また、図解もふんだんに掲載しています。本書を通読していただければ、ドラッカーのイノベーション論の全貌を、理解いただけると思います。

line03

2016年4月14日 日経BP社ITProで短期連載『IT専門家に即役立つ極上アイデア発想法』の第4弾が公開されました。


2015年11月2日より6日までが第1回〜第4回、2016年1月4日より7日までが第5回〜第8回、2016年3月7日より10日までが第9回〜第12回として公開されました。2016年4月11日〜14日まで第4弾が公開されました。ご一読ください。

過去の連載はこちらです。

第1回 アイデアが出来上がるまでのプロセスを理解する

第2回 ブレストって誰が考案したか知ってますか?

第3回 発想の「枝葉」を広げるアウトライン発想法とマインドマップ

第4回 いま注目の「デザイン思考」の正体を暴いてしまおう

第5回 デザイン思考に欠かせない「行動観察」とは何か

第6回 デザイン思考の超重要ツール「共感マップ」から「アブダクション」に至る道 

第7回 ディズニーも使う「ストーリーボード法」を我がものにせよ 

第8回 イノベーションを自在に引き起こす「四つのアクション」

第9回 レオナルド・ダ・ヴィンチに学ぶ創造性開発の極意 

10回 行き詰まったら方向転換、エドワード・デ・ボノの「水平思考」をものにせよ! 

第11回 ポジティブ心理学者バーバラ・フレドリクソンが証明した創造力を高める基本スキル 

第12回 スティーブ・ジョブズも使った「マトリックス」で発想名人になる 

第13回 ピーター・ドラッカーに学ぶ、イノベーションの機会を見つける厳選テクニック 

第14回 エリヤフ・ゴールドラットの「制約理論」でボトルネックからアイデアをひねり出せ 

第15回 アルキメデスの「ユリイカ!」を生んだアナロジーによる発想の技術 

第16回 湯川秀樹博士の創造論「同定理論」と「等価変換理論」をサクッと理解する 

line03


2016年3月16日 公明新聞に「お薦めビジネス書10選」が掲載されました。


公明新聞より取材を受けて「新社会人にお薦め ビジネス書10選」を紹介しました。取り上げた書籍は、ドラッカーや松下幸之助、ポジティブ心理学関連などなどです。詳しくはこちらからどうぞ。




line03

2016年2月29日 電子書籍『ひらめきの達人〜アイデアを生み出す48のテクニック〜』を出版しました。


本作品は2007年8月に朝日新聞社より出版された『今日から即使えるビジネス発想術50』を一部修正し、電子書籍版として出版したものです。 本書は、ビジネス上の企画提案やアイデア発想に、閃きの一助を与える有力な手法、いわばビジネス発想術を集めました。「アイデアは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」と喝破したヤングの主張を念頭に、発想の基本手順を押さえ、そこへ読者の皆さんが自分に合った、さまざまな発想技法を選んで使えるように配慮しています。

line03

2016年2月9日 雑誌「日本教育」に寄稿しました。


連載「日本のことば」に『いまこそ必要な「シナジー」』を寄稿しました。
シナジーの概念はもともと、ルース・ペネディクト(『菊と刀』の著者)が提唱したものです。このシナジーの概念がいまの社会に必要だ、という内容です。
詳しくはこちらから。


line03

2015年12月2日 『東京大学第二工学部──なぜ、9年間で消えたのか』が出版されました。

2015年12月2日 祥伝社
かつて東京大学に、「幻の学部」と呼ばれる第二工学部が9年間だけ存在した。二工とはどのような学部だったのか、またなぜ短期間で閉学になったのか。その実態に迫る。



line03

2015年11月18日 電子書籍を『白金台ビジネス理論研究所へようこそ』出版しました。


本作品は2014年6月2日から12月18日に日経コンピュータのwebサイト「IT Pro」での連載『ITのプロが知っておきたいビジネス理論の常識』をとりまとめ、また一部修正し電子書籍版として出版したものです。  
シロガネーゼが優雅に暮らす街にある「白金台ビジネス理論研究所」を舞台に、所長と研究員の榊田くんが、ビジネスパーソンならば知っておきたいビジネス理論の数々を会話形式で分かりやすく解説しています。
また図解もふんだんに取り入れていますので、より理解も深まると思います。 

line03

2015年11月10日 『「デザイン思考」でゼロから1をつくり出す』が出版されました。

2015年11月10日 学研プラス
結果を出す人は、もう始めている!
ヤフー、リコー、日立、ブリヂストン・・・・・・各界のリーデングカンパニーが導入する画期的ビジネス創出法「デザイン思考」の核心を図解でマスター!


line03

2015年10月8日 日経新聞に連載しました。


日本経済新聞に「実業家が愛した美術十選」を2015年10月8日から24日まで10回連載しました。詳しくはこちらから。

line03

 

最終更新

© Akira Nakano pcatwork.com 1999~2016