『美術狂・井上馨』を出版しました。

本書では、明治維新の立役者、明治の元勲、そして「三井の番頭さん」として著名な井上馨の美術品蒐集が美術界に与えた功績について考えるとともに、人がなぜ美に惹かれ美術品を集めるのか、その謎に迫っています。
詳しくはこちらからご覧ください。